ARISTOTLE試験の心房細動(AF)患者において、アピキサバンがワルファリンよりも頭蓋内出血および頭蓋外出血後の有害事象の発生を抑制し、大出血後30日の死亡率を50%低下させることが明らかとなった。この結果はJ Am Coll Cardiol誌3月19日号オンライン版に掲載された。

アピキサバンはワルファリンよりも大出血後30日の死亡率を50%低下の画像

ログインして全文を読む