2013年に米国心臓学会・米国心臓協会(ACC‐AHA)が発表したコレステロール管理の新ガイドラインを適用すると、スタチン療法を推奨する成人数が米国全体で1280万人増加すると推計された。この増加の大半は心血管疾患のない60〜75歳の成人によるものと考えられた。結果は3月19日、N Engl J Med誌オンライン版に掲載された。

コレステロール管理の新GLによりスタチン適応者が1280万人増加の画像

ログインして全文を読む