米国の病院でPCI患者に実施された赤血球輸血についてレトロスペクティブコホート研究にて調査したところ、輸血閾値には施設によってばらつきがあること、輸血により院内有害心イベントリスクが増大することが示唆された。著者であるデューク大学臨床研究所のSherwood氏らは、ランダム化試験を実施する必要があると述べている。この結果は、JAMA誌2月26日号に掲載された。

PCI患者への輸血により有害心イベントリスクが増大の画像

ログインして全文を読む