PLATO (Platelet Inhibition and Patient Outcomes)試験の心筋梗塞(MI)イベントに対するチカグレロルの効果を検討したところ、同剤は、クロピドグレルよりもMIの発生率を有意に低下させ、この治療効果はMIのほとんどのサブタイプで一貫して認められた。この結果はJ Am Coll Cardiol誌2月19日号オンライン版に報告された。

急性冠症候群患者でのチカグレロルによるMIの抑制効果はMIのサブタイプでも同様の画像

ログインして全文を読む