抗不整脈薬を投与されたことがない発作性心房細動(AF)患者では、高周波アブレーションのほうが抗不整脈薬投与に比べ、2年後までの心房性頻脈再発率が低かった。しかし、それでもなお再発率は高く、高周波アブレーションを実施した患者の約半数に再発が見られた。結果はJAMA誌2月19日号に掲載された。

高周波アブレーションは抗不整脈投与よりAF再発率が低いの画像

ログインして全文を読む