産後に血栓症リスクが増大している期間は従来、6週間と定義されている。しかし、米国の研究者らが大規模住民対象研究を行ったところ、血栓症リスクは産後12週間にわたって増大していることが示された。ただし、6週間以降の血栓イベントの絶対的リスクは小さかった。この結果は、NEJM誌2月13日号オンライン版に掲載された。

産後の血栓症リスクの有意増大は12週間も持続の画像

ログインして全文を読む