低用量アスピリンが心不全(HF)患者の予後を改善する可能性を示すエビデンスが発表された。アイルランドで行われた単施設後ろ向きコホート研究の結果、低用量アスピリンを投与されていたHF患者では死亡率が低下し、入院が減少した。論文は2月3日、Circulation誌オンライン版で公開された。

心不全にも低用量アスピリンが有効かの画像

ログインして全文を読む