微粒子状物質による大気汚染への長期曝露が、冠動脈イベントのリスク上昇と関連することが、欧州の多施設での研究で明らかとなった。結果は1月21日、BMJ誌オンライン版に掲載された。

PM2.5やPM10により冠動脈イベントのリスクが上昇の画像

ログインして全文を読む