放射線による画像診断やインターベンションの利用は年々拡大しており、複雑さも増している。ところが、処方者や実施者の理解や知識はそれほど上昇してはおらず、一般的検査の放射線量を過小評価している医師が少なくない。最近の推定によると、心臓検査の3分の1以上は部分的または完全に不適切であり、リスクや費用が有益性を上回っている。

ESCが心臓画像診断での放射線使用に関する見解を発表の画像

ログインして全文を読む