除細動器(ICD)植え込み術の周術期合併症を減らすため、新たにシンプルなリスクモデルが作成された。このモデルは、医師と患者がともに意思決定したり、患者のアウトカムを改善するための病院の努力を促したりするのに有用だという。この結果は、J Am Coll Cardiol誌2013年11月27日号オンライン版に掲載された。

ICD植え込み術周術期合併症を減少させるためのリスクモデルの画像

ログインして全文を読む