ランダム化試験(RCT)のメタ解析で、新規経口抗凝固薬は脳卒中、頭蓋内出血、死亡率をワルファリンより減少させ、大出血の程度はワルファリンと同等であることが確認された。ただし、胃腸出血は新規経口抗凝固薬により増加した。結果は12月4日、Lancet誌オンライン版に掲載された。

新規経口抗凝固薬の有益性と安全性のバランスはワルファリンより良好の画像

ログインして全文を読む