虚血性脳卒中の急性期に降圧療法を行っても、降圧剤投与を行わなかった場合と予後が同等である可能性が示された。発症後48時間以内の患者を対象としたCATIS(China Antihypertensive Trial in Acute Ischemic Stroke)研究の結果が、JAMA誌オンライン版で11月17日に発表された。

虚血性脳卒中急性期の降圧は予後を改善せずの画像

ログインして全文を読む