カルシウムチャネル拮抗薬(Ca拮抗薬)を使用している高齢者がクラリスロマイシンを併用すると、アジスロマイシンを併用した場合と比べ、急性腎障害による入院などのリスクが上昇することが分かった。結果はJAMA誌オンライン版に11月9日、掲載された。

Ca拮抗薬とクラリスロマイシンの併用により急性腎障害リスクが上昇の画像

ログインして全文を読む