心血管(CVD)イベントの既往はあるが糖尿病ではないCVD高リスク患者にメトホルミンを投与しても、頸動脈内膜中膜肥厚度(cIMT)の改善は観察されなかった。CAMERA(Carotid Atherosclerosis: MEtformin for insulin ResistAnce)試験と名づけられたプラセボ対照二重盲検比較試験の結果で、Lancet Diabetes Endocrinol誌オンライン版に11月7日、公開された。

非糖尿病患者へのメトホルミン、cIMTの改善見られずの画像

ログインして全文を読む