動脈硬化性腎動脈狭窄症(ARAS)は開心術後のアウトカムに影響を及ぼさない、つまりARASを治療しても術後の腎機能障害を予防できない可能性があること、長期死亡率の強力な予測因子はむしろ術前のGFR低値である可能性があることが示唆された。

動脈硬化性腎動脈狭窄症は開心術後のアウトカムに影響を及ぼさないの画像

ログインして全文を読む