米国において、空港89カ所周辺に居住している高齢者(≧65歳)約600万例を対象として航空機騒音と心血管疾患(CVD)による入院率の関係を調査したところ、高度曝露地域では航空機騒音が10デシベル(dB)増大するごとにCVD入院率が有意に上昇することが分かった。この結果は、ボストン大学およびハーバード大学の公衆衛生学研究者らによってBMJ誌10月8日号に発表された。

航空機騒音により心血管疾患による入院率が有意に上昇の画像

ログインして全文を読む