経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者を対象としたランダム化対照試験で、シロスタゾールを用いた3剤抗血小板療法(TAT)の臨床転帰が、クロピドグレルを倍量投与した2剤抗血小板療法(DDAT)に劣らないことが証明された。結果はJ Am Coll Cardiol Intv誌9月1日号に掲載された。

シロスタゾールを用いた3剤抗血小板療法はDDATに劣らずの画像

ログインして全文を読む