ビタミンK拮抗薬(VKA)を投与されており、急性大出血を来した患者を対象として初のランダム化比較試験を行い、4因子含有プロトロンビン複合体濃縮製剤(4F-PCC)と血漿を比較したところ、4F-PCCが急速なVKA中和に効果的で、安全性プロファイルも許容範囲内だと確認された。米国の研究者らによるこの結果は、Circulation誌8月9日号オンライン版に掲載された。

ビタミンK拮抗薬の急速中和に4F-PCCは有用かつ安全の画像

ログインして全文を読む