非心臓手術の周術期にβ遮断薬を投与すると周術期の死亡率が上昇することが、ランダム化比較対照試験(RCT)のメタアナリシスにより明らかとなった。結果は7月31日に、Heart誌オンライン版に掲載された。

非心臓手術では周術期のβ遮断薬投与により死亡率が上昇の画像

ログインして全文を読む