抗凝固薬を投与中の心房細動患者をレジストリに登録し、アスピリン併用者の比率、併用に関連する因子、出血リスクなどを調べたところ、抗凝固薬とアスピリンの併用者は全体の35%で、併用と出血リスク増加は有意に関連していることが明らかになった。この結果は7月16日、Circulation誌オンライン版に掲載された。

心房細動患者への抗凝固薬+アスピリン投与で出血リスク増加の画像

ログインして全文を読む