自分の健康に影響しているストレスが多いと感じている人は冠動脈疾患(CHD)のリスクが高いことが分かった。ストレスが自分の健康に影響している度合いについて、本人の認識とCHDリスクとの関連を調べる目的で行われた研究の結果が6月26日、Eur Heart J誌オンライン版に公開された。

ストレスを多く感じる人は冠動脈疾患のハイリスクの画像

ログインして全文を読む