RE-LY試験の心房細動(AF)患者のデータを用いて、ダビガトラン110mg×2/日および150mg×2/日とワルファリンのnet clinical benefitを比較したところ、2用量ともにワルファリンよりもベネフィットが高く、またダビガトランの2用量間ではベネフィットに差がみられないことが示された。この結果はJ Am Coll Cardiol誌6月12日号オンライン版に掲載された。

AF患者においてダビガトランの2用量はともにワルファリンよりもベネフィットが高いの画像

ログインして全文を読む