心筋虚血の既往がある慢性心不全患者を対象としたランダム化比較試験(RCT)から、心臓ではなく骨髄に由来する心筋幹細胞を用いた心筋再生治療は、実現可能かつ安全であることが示された。C-CURE(Cardiopoietic stem Cell therapy in heart failURE)試験のの結果で、J Am Coll Cardiol.誌6月11日号に掲載された。

心筋再生治療は骨髄由来の幹細胞でも実施可能の画像

ログインして全文を読む