糖代謝異常を合併する高血圧患者の心血管リスク評価には、診察室血圧よりも家庭血圧の方が有用であることが、HOMED-DP(Treatment Based on Measurement by Electrical Devices of Blood Pressure)試験のサブ解析から明らかとなった。結果はJournal of Hypertension誌オンライン版に5月13日、掲載された。

糖代謝異常合併高血圧患者の心血管リスク評価は家庭血圧での画像

ログインして全文を読む