米国で行われた後ろ向き観察コホート研究から、胸部放射線治療の既往がある患者では、その後に行われた心臓外科手術の長期予後が悪化することが明らかとなった。結果はCirculation誌4月9日号に掲載された。

胸部放射線治療により心臓手術後の長期生存率低下の画像

ログインして全文を読む