新規のADP受容体阻害薬であるcangrelorは、重度の出血の有意な増加なしに、クロピドグレルよりもPCI施行時の死亡、心筋梗塞、虚血による血行再建術、ステント血栓症の発生率を抑制することがCHAMPION PHOENIX試験により明らかにされた。この結果は、N Engl J Med誌3月10日号に掲載された。

新規抗血小板薬cangrelorによりPCI施行時の虚血イベントの発生率が低下の画像

ログインして全文を読む