脳卒中リスクのある非弁膜性心房細動(NVAF)患者(CHADS2≧1)の12カ月後の健康関連QOLは、WATCHMANデバイスによる左心耳閉鎖術後の方がワルファリン療法後よりも有意に良好となることが、PROTECT AF試験のデータ解析で示された。この結果は、米国の研究者らによって3月7日にJ Am Coll Cardiol誌のオンライン版に発表された。

左心耳閉鎖術はワルファリン療法よりもQOLを改善の画像

ログインして全文を読む