駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者に対して後発医薬品を処方できるようになった現代のデータを用い、米国の研究者らがガイドラインに沿ったHFrEF薬物療法の増分費用効果を定量化したところ、医療費を総体的に削減できることが示唆された。この結果は、J Am Coll Cardiol誌2月14日号オンライン版で発表された。

ガイドラインに沿ったHFrEF薬物療法の費用効果は高いの画像

ログインして全文を読む