静脈血栓塞栓症(VTE)後の長期治療による再発予防において、ダビガトランのワルファリンに対する非劣性が示された(RE-SONATE試験)。大出血もダビガトラン群で少なかった。一方でプラセボと比較すると、ダビガトランは出血リスクを増加させた(RE-MEDY試験)。これら2つの臨床試験の結果が、N Engl J Med誌2月21日号に掲載された。

VTE長期治療、ダビガトランとワルファリンは同等の画像

ログインして全文を読む