標準的な抗血小板治療を受けている脳梗塞既往の患者に対し、新規抗血小板薬vorapaxarを追加投与したところ、二次予防効果は認められず、頭蓋内出血などの出血リスクは増加した。アテローム性動脈硬化症の既往患者を対象としたTRA 2P-TIMI 50試験において、試験中止となった脳梗塞既往者のみを対象とした解析結果がStroke誌2月8日オンライン版に掲載された。

新規抗血小板薬Vorapaxarの追加投与で脳梗塞既往患者の出血リスクは増加の画像

ログインして全文を読む