アルドステロン拮抗薬は、EFが保持された心不全(HF-PEF)を有する高齢患者のアウトカムに影響を及ぼさないことが、臨床現場の患者を対象とし、propensity マッチングおよび発端コホートを用いて可能な限りバイアスを除去した観察研究において示された。この結果は、J Am Coll Cardiol Heart Failure誌2月1日号に掲載された。

アルドステロン拮抗薬は高齢HF-PEF患者のアウトカムに影響を及ぼさないの画像

ログインして全文を読む