レニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬の併用療法と単剤療法を比較するランダム化比較試験(RCT)の系統的レビューを行ったところ、併用療法に単剤療法を上回る利益は見られず、複数の有害事象のリスクが上昇していた。結果は1月28日、BMJ誌に掲載された。

RA系抑制薬の併用に単剤療法を上回る有効性認めずの画像

ログインして全文を読む