心不全(HF)、急性心筋梗塞(AMI)、肺炎により入院した患者の退院後再入院は、入院直後に多いものの、以降30日後まで継続して発生することが分かった。また、再入院理由は当初の疾患関連が最多だった。米国で行われた研究の結果がJAMA誌1月23日号で発表された。

HF、AMI、肺炎による入院患者、退院後再入院の時期に特定のピークなしの画像

ログインして全文を読む