急性心不全(AHF)患者を対象としたコホート研究により、高血糖が短期死亡に対する強力な予測指標であることが分かった。結果は1月16日付のJ Am Coll Cardiol誌のオンライン版に掲載された。

急性心不全患者の受診時高血糖は死亡の予測因子の画像

ログインして全文を読む