チカグレロルはアデノシン受容体を介して冠血流を増加させることが、ヒトを対象とした臨床試験で初めて示された。この作用は、血管損傷または低酸素症の際に血管を拡張することで重要な心保護効果を発揮する可能性がある。スウェーデン・エーテボリ大学の研究者らによる成果で、J Am Coll Cardiol誌1月4日号オンライン版に掲載された。

チカグレロルはアデノシン受容体を介して心保護効果を発揮の画像

ログインして全文を読む