自然発症冠動脈解離(SCAD:spontaneous coronary artery dissection)患者における線維筋性異形成の有病率とSCADの促進要因を調べたところ、非動脈硬化性SCADの発症はほとんどが女性で、その多くは冠動脈以外の動脈での線維筋性異形成を有することが分かった。この結果は、JACC Cardiovasc Interv誌2012年12月13日号に掲載された。

自然発症冠動脈解離患者では他動脈での線維筋性異形成が多いの画像

ログインして全文を読む