安定冠動脈疾患患者の標準的2次予防にコルヒチン0.5mg/日を追加すると、心血管リスクが3分の1になることが、ランダム化比較試験で明らかになった。論文はJ Am Coll Cardiol誌オンライン版に2012年12月13日に発表された。

低用量コルヒチン追加で心血管リスクが3分の1にの画像

ログインして全文を読む