臨床試験の登録者数が多い施設と少ない施設との間には、ベースライン特性や試験完了状況、転帰に差があり、登録者数が多い施設ほど転帰が良好であることが、ランダム化試験の事後解析で示された。結果は2012年12月12日付のJ Am Coll Cardiol誌オンライン版に掲載された。

臨床試験の登録者数が多い施設ほど転帰は良好の画像

ログインして全文を読む