日常生活動作(ADL)に介護が必要となった高齢者の回復には、年齢に対する本人の思い込みが有意に関与している、との報告が米・エール大学公衆衛生学の研究者らによってなされた。この結果は、JAMA誌11月21日号のリサーチレターに掲載された。

ポジティブ群の回復率はネガティブ群を最大4割以上も上回るの画像

ログインして全文を読む