慢性収縮期心不全(HF)患者に心臓リハビリテーションを行う場合、運動量と臨床イベントリスク低減の大きさは関連しているが、ベネフィットを得るには適度な運動(3〜7MET-時/週)をするだけでよいことが、HF-ACTION試験の二次解析で示された。この結果は、J Am Coll Cardiol誌10月10日号に掲載された。

心不全患者の臨床転帰改善には軽めの運動でよいの画像

ログインして全文を読む