心筋梗塞(MI)の既往がある患者、MIの既往がない冠動脈疾患(CAD)患者、CADの危険因子を持つがCADは未発症の患者では、β遮断薬の使用と心血管事象発生率の低下に関連が見られないことが、国際的縦断観察研究で明らかとなった。結果は、JAMA誌10月3日号に掲載された。

CAD患者へのβ遮断薬投与に有益性認められずの画像

ログインして全文を読む