PLATO試験においてチカグレロルまたはクロピドグレルを最後に服用してから7日以内に冠動脈バイパス術(CABG)を受けたが死亡したACS患者を対象として、補助的調査を行ったところ、出血または感染症が直接的/間接的死因となっていた症例はクロピドグレル群の方がチカグレロル群よりも有意に多いことが分かった。この結果は、スウェーデンUppsala大学の研究者らが、J Am Coll Cardiol誌9月26日号オンライン版で報告した。

クロピドグレルよりもチカグレロルの死亡率の方が低い要因の画像

ログインして全文を読む