ω3多価不飽和脂肪酸(PUFA)を摂取すれば心血管イベントリスクが低減するのかを確認するため、この20年超の間に発表されたランダム化臨床試験(RCT)を対象として系統的レビューおよびメタ解析を行ったところ、食事から摂取しても、サプリメントとして摂取しても、ω3PUFA補給と主要CVDリスク低減の間に有意な関連性はないことが示された。この結果は、JAMA誌9月12日号で発表された。

ω3脂肪酸は摂取方法に関係なくCVDリスク低減と無関係の画像

ログインして全文を読む