管理不十分な高血圧者の大半はかかりつけ医を持ち、医療保険に加入し、過去1年以内の受診歴があることが、米国疾病対策センター(CDC)の解析で明らかになった。結果は、2012年9月7日付のMMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report;CDCが発行する疫学週報)に報告された。

管理不十分な高血圧の9割近くに過去1年の受診歴の画像

ログインして全文を読む