心筋の線維化マーカーとして注目されているGalectin-3(Gal-3)の血中濃度が高いと、心不全発症のリスクが高いことがフラミンガム子孫研究で分かった。論文は、8月20日付のJ Am Coll Cardiol誌オンライン版に掲載された。

心筋線維化マーカーGal-3高値が心不全発症と関係の画像

ログインして全文を読む