遺伝子および生活習慣がほぼ均質なアーミッシュ保守派を対象として遺伝子系統樹解析を行ったところ、一部の腸内細菌とメタボリックシンドロームが関連していること、環境が腸内細菌叢の組成に影響を及ぼす可能性があることなどが示唆された。米国の研究者らによるこの結果は、PLoS ONE誌8月号に掲載された。

一部の腸内細菌がメタボリックシンドロームと関連の画像

ログインして全文を読む