脳卒中と認知症の予防プログラムを用いたプライマリケアでの介入は、長期介護が必要な患者数を通常の医療ケアよりも減少させることが、ドイツで実施されたINVADE(Intervention Project on Cerebrovascular Disease and Dementia in the District of Ebersberg)試験で示された。この結果は、J Am Heart Assoc誌オンライン版8月号に掲載された。

脳卒中と認知症の予防プログラムにより長期介護のニーズが低下の画像

ログインして全文を読む