新規抗血小板薬であるチカグレロルとプラスグレルの効果を、初めて直接比較した研究の結果が報告された。ギリシャのDimitrios Alexopoulos氏らが行った前向きのクロスオーバー研究の成果で、チカグレロルの抗血小板作用の方が強力であることが示された。この結果は、J Am Coll Cardiol誌7月17日号に掲載された。

抗血小板作用、チカグレロルがプラスグレルよりも強力の画像

ログインして全文を読む