西洋式ファーストフードの摂取頻度が高い人では、2型糖尿病(T2D)発症や冠動脈心疾患(CHD)による死亡のリスクが上昇することが、中国系シンガポール人を対象としたコホート研究で明らかとなった。結果はCirculation誌7月2日号に掲載された。

ファーストフードの摂取は糖尿病発症・CHD死亡に関連の画像

ログインして全文を読む