6分間歩行試験(6WMT)は、安定冠動脈心疾患(CHD)患者の心血管イベントを予測し、従来のリスク因子に6分間歩行距離を追加するとリスク予測が改善されることが、前向きコホート研究であるThe Heart and Soul Studyのデータによって明らかにされた。この結果は、Arch Intern Med誌オンライン版6月18日号に掲載された。

ログインして全文を読む